プログラミングは一方的には教えてはいけない

「プログラミングは一方的に教えてはいけない、子供たちは自分で面白さを見つけ出す」http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/032801634/

少し古い記事ですが、これだと思ったのでリンクを貼っておきます。北本ロボプロ教室でも採用している「スクラッチ」の開発者の言葉です。

 

北本ロボプロ教室を開く事を決めてから、子供たちにどうやって教えたらいいか悩みました。大手のロボット教室の教材、カリキュラムはとても優れたものです。どうやって対抗したらいいか、、、、

悩んだ末、大手の教室を真似るのではなく、すべて逆のことをやることにしました。

まずは月謝制の廃止。正直なところ、ごく普通の小学生に本格的なプログラミングを教える意義は見出せません。プログラミングの習得には気が遠くなるような時間が必要で、月に2回、合計3~4時間のレッスンで習得できることはかなり限られています。高額な授業料を払っていただくには気が引けます。

ならば逆転の発想で、できるだけ多くの子供たちに、ロボットやプログラミングについて体験してもらうように、1回ごとに授業料をいただくことにしました。入会金もいただいていません。

結果、2~3回通うだけの生徒さんが大多数になってしまい、あまり利益になっていませんが、たくさんの人に、気軽に体験してもらうことができてよかったのではないかと思います。

ここからが本題ですが、大手のロボット教室は超一流の先生が考えたカリキュラムに沿って、全国一斉に授業が行われています。教材も内容も素晴らしく、ロボット専門の講師でなくても、一般の塾講師でも教えられる内容になっています。

これに対抗するには、、、、やはり逆転の発想です。

カリキュラムを一切排除。子供たちが教室にやってきたら、「今日は何をする?」とこちらから質問をします。受け身の授業に慣れ切っている生徒さんはすぐに答えられないので、こちらから提案はしますが、基本的に自由にやりたいことをやってもらいます。

「今日は××ロボ作ってみる?」「ビスケットやってみる?」「タイピングの練習やってみる?」という感じです。

タイピング指導をしたときは、教材を揃えていなかったので、インターネットでタイピング練習サイトを探すところから始めました。

「やりたいことを自分で決めて、必要なツールを自分で集める」というのがこれからの教育で必要なことです。「与えられたテキストに沿って学習すれば必要なことを一通り学べる」というのはインターネットが台頭するより前、つまり20年以上前の発想です。

学校や塾では、未だに古いシステムに捕らわれた教育がなされています。価値観が多様化し、目まぐるしく状況が変わる現代では通用しません。急速なグローバル化にも対応できません。

一時期、アクティブラーニングという言葉が流行しましたが、私にはあまりいい印象はありません。グループディスカッション、ディベート、グループワーク、、、、何か決定的なものが欠けている気がします。アクティブラーニングは、強制された時点でアクティブラーニングではなくなってしまいます。

北本ロボット教室は、やりたいと思った子が、やりたい時に来て、やりたいことをやって、やりたいことを覚えていく、そんな教室にしていきたいと思います。

今の子供たちに最も必要なものは「やりたいものを自分で見つける能力」「やりたいことを自分の発想で解決する能力」です。

先生は、教えるのではなくお手伝いをするだけ、それが理想です。

 

北本ロボプロ教室

アームロボットカー

春期集中ロボプロ入門講座にてアームロボットカーをつくりました。

 

加速度センサーを搭載したコントローラーを使ってロボットを操作し、卵に見立てたブロックを拾い上げます。

なぜか卵がひよこに、、、、

そしてゴキブリバスターロボになってしまいました。

このあと、幼児・小学生向けのプログラミング言語「ビスケット」で遊び倒しました。ビスケットはとても簡単なものなので、すぐに飽きてしまうのではないかと思いましたが、子供たちは全員、笑いながら楽しく取り組んでいました。

北本ロボプロ教室には決まったカリキュラムはなく、子供たちがやりたいことを自由に取り組みます。職業的なプログラミングには高度なスキルや忍耐力が必要ですが、まずは遊びから入ってパソコンやプログラミング、ロボットの世界に親しんでいきます。

 

春期集中ロボプロ入門講座受講生募集

春休みにロボット教室の集中講座を開きます。
定員10名ですのでお早目にお申込み下さい。

期間:3/27(火)~3/31(金)、4/2(月)~4/5(木)
場所:向学館数楽ゼミ西口教室
時間:9:30~11:30
費用:22,200円(6回分)

申し込み・問い合わせ
担当講師 永田啓一
nagata@e-reading.net
携帯直通:080-9217-3680

レギュラーコースの体験生も若干名募集しています。

北本ロボプロ教室

専用教材を使ってロボットプログラミングを学んだり、パソコンでゲームを作ったりします。9月にロボット競技会(URC北関東大会)に出場しました。

月謝制ではなく、入会金や教材費も不要なため、気軽にロボットプログラミングを体験できます。

2018年開講日(体験レッスン随時受付中)

11月

11/11(日)、11/25(日)

開講日:土曜日・日曜日 不定期開催

時間:9:30~11:30

ロボット教材、プログラミング用PCは教室のものを使います。
※自宅でロボット・プログラミングをするためには各自教材の購入およびパソコンが必要になります。

受講料

1回3,700円

入会金0円 初期費用0円

お得な回数券を発行しています

120分×6回分+2回無料 22,200円 1回あたり2,775円

譲渡禁止、兄弟姉妹での共用はOKです。

開催場所

7月からは北本向学館で開催します。

体験レッスン受講生全員にロボットプレゼント

ブロックロボ リンク2(参考価格4,082円)

時間 AM9:30~11:30(120分)
受講料3,700円(有料・要予約)

体験レッスンの予約はこちらまで

nagata@e-reading.tokyo
携帯直通 080-9217-3680

氏名・学年・所属小学校・連絡先をお知らせください

他のロボット教室と比較してみてください

ロボット大会にも出場します

URC2018北関東大会に北本ロボプロ教室チームとして出場しました。8チーム中4位でした。

Artecブロック・スタディーノ使用

レッスンでは主にアーテック社のロボット教材を使用します。
生徒さんのご要望に応じ、アーテック社以外のロボットの使用も検討します。

組立・分解が簡単にできるため、色々なロボットを作ることができます。

スタディーノ

スタディーノは教育用のマイコンボードでサーボモーターやセンサーを接続し、ロボットを制御します。ロボットの頭脳に相当します。

パソコンでプログラムを作成し、USBケーブルでマイコンボードに転送します。マイコンボードは、送られてきたプログラムを実行することによって、ロボットを動かします。

 

スタディーノ(マイコンボード)

スタディーノには、アーテックロボ専用のカバー台座がついているため、子供でも簡単に組み立てができます。

専用カバー付きスタディーノ

スタディーノのプログラムはブロックを並べてパラメータを入れるだけです。簡単ですが、C/C++言語と同じ構造なので、本格的なプログラミングへの導入として最適です。

スタディーノのプログラミング環境

ディーノと互換性があるため、C++ベースのArduino IDE環境でもプログラミングをすることができ、本格的なプログラム学習へ簡単にステップアップできます。

アルディーノ

AVRマイコン、入出力ポートを搭載したマイコンボードです。C++ベースのプログラミング環境で比較的簡単にマイコンプログラミングができます。仕様が公開されているため、互換ボードが多く出回っており、スタディーノもそのひとつです。

秋葉原には、はんだ付けして自分で組み立てる互換キットも売っています。

Arduino UNO

Artecブロック

小さなお子様でも簡単に組み上げることができる新しいタイプのブロックです。アイデア次第で色々なものを作ることができます。

  

 

北本ロボット・プログラミング教室、開講に向けて始動!

2020年から小学校においてプログラミン教育が必修となりました。

当塾においてもプログラミング教育の導入を検討しています。

プログラミングの題材としてロボットを扱います。

まずは市販の教材を購入して教材研究をしました。今回試したのはアーテック社のうきうきロボットプログラミングセットと、ブロックロボリンク1。

どちらも価格が低く抑えられており、本格的なロボットというより導入用。

うきうきロボットプログラミングセット(アーテック)

パソコンが得意な息子1(小4)があっという間に組み立&プログラミングして動かしていました。組み立てもプログラミングも簡単なので、入門用教材として最適です。レゴブロックのように何度ども組み立て・解体ができます。

説明書がないので、書籍とセットで買わないと何もできません

 

スタディーノではじめるうきうきロボットプログラミング Enjoy! Studuino [ 阿部和広 ]

スタディーノ

アーテックロボ専用のマイコンボード。一般のマイコンボードを扱うにはかなり高度なスキルが必要ですが、こちらは小学生でも扱えるようになっています。パソコンやタブレットを使って簡単にプログラミングをすることができます。

DCモーター、サーボモーター、センサ類

ロボットを動かす上で必要な基本的なパーツが入っています。モジュールになっているので簡単に取付・配線できます。別売のテキストに沿って各モジュールの動作・使い方を無理なく学習できるようになっています。

アーテックブロック

独自のブロックを採用しています。自由度が大きくロボットが作りやすいのが特徴。

「うきうきロボットプログラミングセット」では、ブロックの種類、数は少なめ。プログラミング学習重視のキットになっています。別売のパーツを足せばバリエーションを増やすことができます。

床拭きお掃除ロボット

息子1はテキストをよく見ないで勝手に組み立ててしまいました。仕組みを理解してから動かさないと、暴走させてパーツを壊す可能性もあります。なので、すぐに解体を指示しました。

自動ドア

赤外線フォトリフレクタを使って、自動ドアが開く仕組みを学習します。息子1はやはり説明をよく読まずに動かしていました。

ブロックロボリンク1(アーテック)

こちらはプログラミングなしのロボットです。減速ギアがついており、ギアの仕組みやリンク機構を学ぶのに最適です。ブロックの数はこちらの方が多く、メカニカル重視のセット内容になっています。

こちらはレゴ大好き息子2(小2)の担当。ギアの組み立ては少し難しいので助けが必要。「なるほど、こんな風に足が動くのか~」とリンク機構に興味深々でした。対象年齢は8歳から。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Artec(アーテック) ブロックロボリンク1(1モーター) #77885
価格:1840円(税込、送料別) (2017/10/27時点)

 

箱の中はこんな感じ

リンク(関節)用の部品がたくさん入っています。

アーテックブロックを解体するのには専用工具とコツが必要です。

 

北本ロボット・プログラミング教室の特徴

専門の講師が担当

東京大学工学部出身の専任講師が担当します。フランチャイズのロボット教室ではアルバイト講師が指導をすることがありますが、当教室ではモノ作りのプロの専任講師が担当します。

受講料が安い

フランチャイズ契約を行わず、独自のカリキュラムで授業を行います。ロイヤリティが発生しないため、破格の授業料で受講できます。ロボット・プログラミングに詳しい専任講師だからこそ実現可能になります。

好きな教材を使える

フランチャイズ加盟教室の場合、カリキュラム、教材は選べません。当教室では、生徒さんのレベル、要望に合わせ、教材を自由に選択することができます。教材の貸し出しもしますので、最初に高額な教材を買う必要はありません。(レベルが上がるとそれなりの教材が必要になります。)

本格的なロボット・プログラミング指導も可能

上級者には、ロボット教材だけでなく、アルディーノを用いた本格的なロボットプログラミング、PID制御、GPS信号受信等の指導も行います。ロボット大会への出場も検討しています。

想像力・創造力・数学力を養う

マニュアル通りの授業は行いません。発想力、自己解決能力を重視し、エンジニアリングの基礎を体験してもらいます。

実用的なパソコン指導

パソコンを使ってプログラミングをします。簡単なレポート作成も行ってもらいます。ロボット制作を通してパソコンスキルが自然に身に付きます。パソコンの分解・組み立て講座も検討中。

担当講師プロフィール

東京大学工学部船舶海洋工学科卒・同大学院環境海洋工学専攻修士課程修了

東レ株式会社複合材料研究所勤務、東京大学技術経営戦略学専攻影山研究室勤務を経て塾講師へ。永田式英語長文直読直解法を開発

全日本ソーラー・人力ボートレース出場。(東大チームの設計・制作リーダー兼漕ぎ手)

日本ソーラー・人力ボード協会(大会レポート)

びわ湖クルーレス・ソーラーボート大会に参加(東大チームのアドバイザー)

びわ湖クルーレス・ソーラーボート大会公式サイト

チャンピオンズ(旧テレビチャンピオン)ダンボールスワンレコード出場(東大チームのアドバイザー・漕ぎ手)

チャンピオンズ公式サイト