公立高校入試の作文指導

公立高校入試の国語では、作文問題が問われることが多く、「体験談を入れなさい」という指示がよくあります。

北本向学館では、体験談を実体験ではなく「フィクション」で書くように指導しています。作文に割り当てられる時間は非常に短く、実際に体験したことを思い出していると、それだけで時間がなくなってしまいます。また、細かい部分が気になり、短い文章にまとめることが難しくなります。

ただし、書き出しを「私が〇〇の時」(〇〇は企業秘密)と限定して書くように指導しています。フィクションを作る時、自由に書くよりも制限が多いほうが書きやすくなります。また、書き出しを決めることで、「書き出しで悩む」ということも防げます。

あと、注意点として、「聞いたことがある」は体験談として説得力がないので避けるように指示しています。そして「いつ」「どこで」「誰と」がはっきりわかるように書いてもらっています。これが決まらないものは体験談とは言えません。

一番重要なのが「~していきたい」で終わるように書くことです。体験談を通して「考えたこと」「感じたこと」を書いてもらい、最後に「自分の中でどういう変化があったか」を「自分の意思」として表現してもらいます。

単なる受験テクニックではなく、「自分の意思を効果的に伝える技術」と位置付けて指導をしています。

著者や出題者の意図を読み取る練習にもなります。

この指導方法だと、文章を書くことがあまり得意ではない人でも、それなりの文章が書けるようになります。