洋書(ペーパーバック)の読解指導【永田式英語】

夏休みの課題の洋書を攻略

去年に続き、今年も某進学校の生徒さんに洋書の読解指導を行いました。

こちらの高校は毎年夏休みに洋書を1冊宿題に出しているようですが、現実問題として、高1の夏休みに洋書1冊の読破はかなり無理があります。

しかしながら、永田式英語なら、短時間のトレーニングで直読直解が可能になるため、生徒さんが自力で読むことができるようになります。

永田式英語は、ネイティブの思考を忠実に再現するため、特に洋書の読解に威力を発揮します。

今回も、ほぼ自力で、電子辞書を引きながら、出てきた英単語は全て覚えつつ、10時間程度で読み終えました。

永田式英語とは

「直読直解」に関しては誤解も多く、「何年も英語の学習を行った熟練者が行う高度な読み方」と思われがちです。

しかし4年前、「20分~十数時間のトレーニングで直読直解への移行が可能である」ということを私(北本向学館塾長)が発見しました。

実際に、今回の生徒さんは20~30分くらいのトレーニングで直読直解法をマスターすることができました。

昨年の2年生の生徒さんも同じくらいの時間で直読直解法を習得しています。

あまりに簡単に習得できるので本人たちには実感がないことも多いです。

多読?精読?

英語を英語のまま読んでいくというと、読解の精度が劣ると考える人たちもいます。

実際、「多読三原則」という言葉があり、「辞書は引かず、わからないところは飛ばし、合わないと思ったら投げる」ということを推奨しているグループがあります。

語学能力(国語能力)の高い人ならこの方法でもうまくいく可能性がありますが、万人向けではありません。(意味のわからない言葉だらけの本は日本語でも読みたくありません!)

多読の対義語として「精読」が使われることがあります。こちらは文法解釈をしながら、丁寧に読み進めていくことになります。

精読よりも精度が高い「速読」が可能

永田式英語によって直読直解法を習得すると、多読と精読の区別をする必要がありません。

なぜなら、文法訳読をするより読解の精度を上げることができ、なおかつ多読にも劣らない高速な読みができるようになるからです。

直読直解法で正確な読みができる理由は下記の永田式英語公式サイトの記事を参考にしてください。

リアルな英語の世界を忠実に理解するためには、英語のまま読む以外に選択肢はありません。

英語が苦手な人でも習得は可能

永田式英語は、英語が苦手で文法力がほとんどゼロの状態の中学生の受験指導をするために開発された手法です。

したがって、今回のような超進学校の生徒だんだけでなく、幅広い学力層の生徒さんでも習得が可能です。

永田式英語の長文読解は、短時間で習得できるため、途中で挫折しにくいのが特徴です。

東京都や埼玉県の長文問題にも対応しています。

洋書選びは慎重に!

永田式英語の直読直解法が洋書に適していると言っても、ネイティブ向けの洋書は児童書であってもかなり難解です。

受験英語に使われる英単語と、ネイティブが日常的に使う英単語にはズレがあるのがその理由です。

今回、高1の生徒さんが読んでいたペーパーバックはこちら。

ガリバー旅行記の原書(著作権切れのため無料で読めます)は難しい表現が多いですが、こちらは英語学習者向けに簡単な英単語のみで書き直されたものなので、初めての洋書に適しています。

昨年の2年生が読んでいたのはこちら。

英語学習者向けではなく、児童書として書かれたものなので難易度は上がります。センター試験レベルの英単語を習得していれば(電子辞書を引きながら)スラスラ読めます。

ハリーポッターもおすすめです。児童書ですが対象年齢が高いため、高校終了以上の英語力が必要になります。ちょっと難しいですが、解説本や訳本を参考にすれば十分読めます。直読直解法で読むとハリーポッターの世界感をリアルに体験できます。

【発音】LとRの違いは舌の形?

LとRでは、舌の形が違うと認識している人が多いと思いますが、本質はそこではありません。重要なのは喉です。

Lは喉の上の方で発音

意識的に舌を歯に押し付けようとすると、隙間が埋まってしまい、息が抜けなくて音が出なくなります。

喉の上の方で発音しようとすると、舌が自然と前に出てくるので、 舌の力を抜いて舌の先が歯の根元に軽く触れるようにして音を出します。

Rは喉の奥の方で発音

Rの発音も、無理に舌を丸めようとすると不自然な音になります。さらには、舌の形ばかりに意識が行ってしまいまともに発音できません。

喉の奥の方で発音しようとすると、舌が奥の方に引っ込んで自然な発音ができるようになります。

LとRの聞き分けは喉の違いに意識を持っていく

LとRの音の違いを舌の形で説明しようとするとかなり無理があります。

しかし、「Lは喉の上の方、Rは喉の奥の方」と覚えておけば簡単に聞き分けができます。

Lは喉の上の方から声を出すため、「乾いた音」に、Rは喉の奥の方から音を出すので「湿った深い音」なります。

æの発音も喉に注目

[æ]の発音は、「エ」の口をしながら「ア」の音を出すと習うことが多いと思います。発音記号を覚えるだけならこれでいいですが、この覚え方で発音しようとすると、口に力が入って変な音になります。

[æ]を発音する時は、喉の一番奥から「ア」の音を出すようにします。こうすることで、 [æ] の湿った音を簡単に出せるようになります。

cat、apple、angryなど発音してみてください。

効率よく確実に覚えられる英単語の覚え方

エビングハウスの忘却曲線のまとめ

前回、エビングハウスの忘却曲線の正しい解釈の仕方について書きました。

  • エビングハウスの忘却曲線は覚えた量じゃなくて「節約率」を表している。
  • 節約率=覚えた量ではない。
  • 翌日、翌々日と連続して学習したほうが効率がよい。
  • 節約率100%になってようやく「覚えた」と言える。
  • 節約率が100%になる前の段階の記憶を「メモ帳」、節約率が100%になった後の記憶を「ノート」と呼んで区別する。
  • 節約率が100%になる(ノートに書き込まれる)と忘れる方が難しくなる。
  • 英単語を覚えるときは、必ず節約率100%になる(ノートに書き込まれる)ようにする。

頭の中にはメモ帳とノートがある!

節約率という言葉は少し難しいので、「メモ帳」「ノート」という言葉に置き換えて説明します。

メモ帳は「一日に必要な記憶を覚えておく場所」と覚えておきましょう。 記憶の整理は夢を見ている間(レム睡眠中)に行われていると言われており、この間にメモ帳の内容が整理(消去)されると考えられます。

もしメモ帳内の内容がクリアされないとすぐに一杯になって大変なことになります。私も睡眠障害でレム睡眠が阻害された経験がありますが、その時はメモ帳の内容がクリアされず、一日前の記憶と一週間前の記憶が混ざってしまったような感覚になりました。当然、新しく何かを覚えるだけの余裕もなくなります。

ノートの方は、一度書き込みをすると消す方が難しくなります。「嫌なこと」は忘れないし、一度覚えた言葉(日本語)の意味を忘れることは滅多に忘れません。脳内に記憶として神経回路が形成されると、物理的に破壊する以外に記憶を消す方法はなくなります。

英単語を覚えるときは、メモ帳を利用しつつも、ノートにしっかりと記録されるような方法で覚えましょう。

単語を覚えるのに必要なのは集中力ではなく繰り返しの回数

メモ帳に記録する条件は「集中力」

記憶に関する言葉の定義は曖昧になっているため、ここでは「メモ帳に覚える=暗記する」と定義します。

メモ帳に記録するための条件は「集中力」と考えられます。暗記力が高い人は、集中力も高い。

この「暗記力」には個人差があります。一度にたくさん英単語を覚えられる人もいれば、そうでない人もいます。

ノートに記録する条件はくりかえしの回数

一方、ノートの方は集中力や暗記力に依存しません。単純な回数で覚えられるかどうかが決まります。つまり、暗記力が高いからと言って必ずしも記憶力が高いということにはならないということを意味します。

とにかく脳内での繰り返しの回数を稼げばいいだけなので、覚えられる英単語の量はほぼ時間に比例します。暗記力の個人差はほとんど影響しません。

「繰り返しの回数を稼ぐ」方法は色々ありますが、次回詳しく説明します。

暗記が得意な人と暗記が苦手な人、どちらが有利?

暗記が得意な人は、ノートの書き込み条件に達する前に英単語を暗記してしまうため、記憶として定着する確率が低くなります。このため、「覚えても覚えても忘れてしまう」という感覚が無意識のうちに刷り込まれてしまいます。

このような状態になってしまうと、単語テストの前にしか英単語の勉強をしないという習慣が出来上がってしまい、覚えては忘れる、覚えては忘れるの繰り返しになってしまいます。それでも少しずつ単語力が増えていきますが、あまり効率のよい方法とは言えません。

暗記が得意な人も、苦手な人も、英単語を覚えようとしない!

一方の暗記が苦手な人は、英単語を覚えられないと思い込んでいます。覚えられないと思っているので、最初からやろうとしません。結局のところ、暗記が得意な人でも、そうでない人も単語を覚えるという作業はあまりやっていません。

実際、私が高校生の時、高3の夏まで英語の勉強を完全にサボっていたので、クラスで最下位レベルまで単語力は落ちていましたが、夏休み、たった1カ月図書室に籠って英単語の勉強をやっただけで、単語テストで学年1位の同級生(現役東大合格)と同じスコアを出せるまで単語力が上がっていました。

単語をしっかりと覚えている受験生は以外と少ないということです。

英単語学習は逆転のチャンス!

数学の場合、学力の高い生徒さんとそうでない生徒さんでは、同じ1時間の学習でも学習効率にはどうしても差が出てしまいます。

単語の場合、単語を覚える速度に個人差がほとんどないため、時間をかけたら時間をかけただけの成果が得られます。

成績があまりよくない人の場合は逆転のチャンスとなり、逆に成績のよい人はサボった分だけ確実に追いつかれてしまいます。

ノートに記録される英単語は1時間に10単語

暗記力には個人差があるため、メモ帳に記録できる単語は1時間に20~50個程度とばらつきがあり、平均で30個くらいが目安となります。

一方で、ノートの方は1時間に10個とほとんど個人差はありません。1時間に10個というとかなり少なく感じますが、例えば1日3時間、30日間続けたとすると、900語になります。

一度覚えた英単語は忘れることがほぼないため、30日集中して単語学習をすれば中学3年分、もしくは、センター試験に必要な英単語を覚えることができ、単語力が劇的にUPします。夏休みを利用すると効率よく覚えられます。

音声教材を活用して学習時間を稼ぐ!

1日3時間を英単語学習に充てるのは難しく感じるかもしれませんが、3時間集中して英単語を覚えなければいけないという訳ではありません。

集中力が必要なのはメモ帳に記録する場合であって、ノートに記憶する場合は必要ありません。ダラダラとCDを聞くだけでも学習時間にカウントされます。例えば、片道30分の電車通学の場合、往復で1時間を単語学習に使えばかなり学習時間を稼げます。

食事中に聞き流しをするとか、寝る前に30分、子守歌代わりに聞くなど工夫すれば時間を作れます。

見る、聞く、読む、書くをバランスよく!

英単語を覚えるというと、机に向かってカリカリやるというイメージがあるかもしれませんが、それでは飽きてしまい続きません。単語帳を見てチェックする、附属のCDを聞く、音読してみる、書いて覚えるなどバランスよく作業をします。

特に、発音を覚えるための「音読」、リスニングの練習にもなる「聞く」という作業をサボりがちです。

これら二つの作業は、サボればサボった分だけ、単語を覚えるのが苦しくなります。苦しいと感じてしまうと単語を覚えるペースが遅くなり、挫折する可能性も高くなります。

理論上最速?

脳内に神経回路を形成するのに繰り返しの回数が必要となりますが、これがほぼ時間に比例します。塾で多数の生徒さんにやってもらった経験から判断すると、単語を覚える速度は個人差がほとんどなく1時間に10個です。この数字が理論値と言ってよいと思います。

この数値通りの成果を出すためには、極力無駄を排除した覚え方が必要になります。次回、無駄のない効率的な覚え方についての注意点をまとめます。

夏休み永田式英語長文読解講座

今年の夏も夏休み永田式英語長文読解講座を開きます

部活を引退する中3生注目!! 入試問題の長文がスラスラ読めるようになる!

永田式英語はこんな人におすすめ

  • 英語が苦手で何から手を付けていいかわからない
  • 英語はそこそこできる、でも長文は読めない
  • 英語は得意!だけどできれば長文は避けたい

    永田式英語の3つのメソッド

  • 永田式直読直解法
  • 永田式最速英単語記憶法
  • 永田式例文暗唱法

永田式英語は、3つのメソッドから成り立っており、どれも驚異的な成果が出ています。講習会では、生徒のレベルに合わせてカリキュラムを組みます。

永田式英語なら

  • 従来の英語教育と比べて学習効率が数倍から十数倍になります。
  • 英語が得意な人なら、わずか数時間のトレーニングで英語が、英語のままスラスラ読めるようになります。
  • 英語が苦手な人でも1~2か月のトレーニングで劇的に変化します。
  • 高校生がマスターすると、学校の教科書が予習なしでスラスラ読めるようになり、部活動と勉強の両立が可能になります。
  • 幅広い学力層に対応し、途中で挫折する確率がとても低いのが特徴です。

永田式英語公式サイトへのリンクはこちら

開講スケジュール

1日8コマ×25日 朝と夕方~夜に開講します。

コース&受講料

オープン記念につき、格安の授業料にて提供致します。通い放題がお得です。
指導内容は個別に対応します。英語だけでなく、国語・数学・理科・社会・作文指導・読書感想文指導なども行います。

申込み・お問合せ

北本向学館
080-9217-3680 (永田)

 

 

センター試験の文法対策

センター試験の文法対策

Facebookでお世話になっている島根県立松江高等学校の緒方孝先生の記事を紹介します。

達セミに学ぶ 英語学習のヒント 第103回 センター試験の文法・語法問題を解くには、選択式の問題演習より、4技能の向上に寄与する中身のある文法学習こそがカギである

センター試験の英語はテストとしてはよくできています。しかし、テストそのものは悪くないのですが、勉強の方法を誤る可能性が高くなり、結果としてと文法力、英語力が身に付かなくなってしまいます。

選択問題の問題集を解きまくるのは、高校生の貴重な学習時間を無駄に使うことになります。この勉強方法では英語力が伸びません。まずは基本事項をしっかりと抑え、『実際に英語を声に出して読む、書く、例文を覚える』という英語学習の基本をしっかりとやりましょう。

私が受験生の時も、並び替えや選択問題の問題集はやっていません。学校で買わされ、定期テストの出題範囲になっていたので、周囲の高校生はやり込んでいましたが、あまりいい結果は出ていません。出題範囲が決まっている定期テストには強くなりますが、英語力が伸びていないのであとで大きなツケを払わされることになります。

文法が苦手な生徒さんほど問題集のやり込みに走りやすいですが、かえって遠回りになります。永田式直読直解法で文意がつかめるようになってきたら、文法のテキストで基本事項を確認し、テキストに載っている例文を一つ一つ暗記・暗唱していきましょう。

コツをつかめば、例文を覚えるのはそれほど難しくありません。例文を覚える時には、知識的に詰め込むのではなく、反射的に英文が出てくるようにトレーニングします。悩みながら覚えると時間がかかるだけでなく、言語中枢以外の部分が使われてしまうため学習効率が悪くなります。センター試験は時間との勝負なので、反射的に英語が出てくる訓練が必要となります。(もちろん、仕上げにセンター対策問題集をやり込む必要はあります。)

英語を学習するためのポイントは、脳の中の言語中枢をいかに刺激するかにかかっています。一見すると遠回りに思える方法でも、「言葉を覚える本能」を目覚めさせることができれば短時間で効率よく習得できるようになります。

夏休み限定!永田式英語長文読解講座・授業レポート

向学館初の試みとして永田式英語の長文読解講座を開きました。

夏休み限定!永田式英語長文読解講座

受講生・授業内容・成果

受講生は中学3年生4人、高校生3人でした。

中学生はキクタン中学、高校生はキクタンbasicもしくはキクタンadvanceを覚えてもらいました。各人、1冊分の英単語をほぼ覚えることができ、夏休み中の成果としては十分と言えます。

単語指導の他、中学生には実際の入試問題の過去問の長文を使って実践練習もやりました。進度にばらつきがあり、進度が速い生徒さんには例文暗記にも取り組んでもらいました。

長文読解に関しては、4人中3人がスラスラと長文を読めるようになり、当初の目的はほぼ達成できました。残り一人も、あと少し練習すれば読める状態です。

北辰テスト(埼玉県の模試)の結果

残念ながら今回はそれほど成績は伸びませんでした。

しかし、返却された資料を詳しく見てみると、中3生4人とも長文読解の内容把握の問題は正解しています。正答率がかなり低い問題でも正解しているので、長文を読むことそのものに関しては十分な成果が出ていたと言えます。

不正解の場所を探すと、「英語で答えなければいけない箇所」で点を落としていました。単語と長文の読み方しか教えていなかったので当然と言えば当然ですが、読解力がかなり向上したにもかかわらず点が上がっていないのは残念です。

考えられる主な理由は2点。

1)出題方法に問題があった。

長文を読まなくても解けるような問題が多かったため、長文を読まずに解いた生徒との差がつきにくかった可能性があります。

9割以上の生徒は長文をまともに読まずに解いています。和訳しながらしか読めない生徒さんの場合、時間内に長文をすべて読むのはほぼ不可能です。頭のよい生徒なら、本文をすべて読まなくても80点以上取れてしまいます。

実際の入試問題(埼玉県)だと、きっちり長文を読んだ方が有利に解けるように出来ていますが、模試では問題の完成度がそこまで高くなく、それほど差がつかなかった可能性があります。

2)慣れの問題

今回は長文を読むことに集中してもらいました。結果、内容把握の問題は解けるようになったけれど、それ以外の部分で落とすようになったと考えられます。次回、もう少し余裕ができれば改善されるはずです。

偏差値8上がった生徒さん

中3生4人中1人は、劇的に成績が上がりました。講習会中、一番進みが遅かった生徒さんです。長文の内容把握の問題も正解しており、模試の当日、ちゃんと長文は読めていたようです。

元々の点が低かったため、長文が読めるようになっただけでかなり点が上がりました。

課題

今回の北辰テストの結果を調べると英語で表現する部分が壊滅的でした。「長文を読むことは難しくない」ということが立証されたわけですが、これだけでは高得点は取れません。初歩的な文法事項が欠落している状態ですので、少し時間をかけてじっくり取り組んでもらう必要がありそうです。

昨年、一昨年の生徒さんは例文暗記を一通りやってもらうだけでほぼ完ぺきな文法力がついたのですが、今回の生徒さんはもう少し時間をかける必要がありそうです。

英語指導の難易度

一般的には文法から指導することが多いですが、永田式英語では一番教えるのが簡単な英語の読み方から教えます。

長文を読めるようにする < 単語を覚えてもらう < 文法の習得 < ライティング

文法が得意な生徒さんは文法習得にそれほど労力は必要ありませんが、文法が苦手な生徒さんに文法を習得してもらうのはかなり大変です。

文法が得意な生徒さんは長文が読めなくてもそこそこの点を取ってくることができます。このような生徒さんは、長文の読み方を教えると、90点以上の高得点を取れるようになります。