脳は寝ている間にパワーアップする

当塾では、考える力を育てる方法として、「とにかく悩んでもらう」ということをやってもらっています。よく保護者の方から、「わからない問題は教えてもらえるのですか?」という質問をされますが、できるだけ自分で解決する方向へ誘導しています。

答えが出せず、悩んでいた時間は無駄に思えるかもしれませんが、実はそうではありません。「限界まで考えた」という刺激は脳へ伝わり、寝ている間に神経回路が組み替えられます。

例えばピアノの練習をする時、うまく演奏できない箇所を繰り返し繰り返し練習しても、その場ではなかなかうまく弾けません。しかし、翌日弾いてみるとあっさり弾けるといったことはよくあります。

ピアノの指導が上手な先生はこのことをよく理解しているので、「できないから」という理由だけでは怒ったりはしません。できないなら、ただ繰り返し練習させるだけです。ちゃんと練習してきたかどうかは演奏を見ればすぐにわかります。練習不足の場合、脳の神経回路が組み変わっていないのでぎこちない演奏しかできません。その場で取り繕ってもすぐにわかります。

数学力を限界まで引き上げようとするならば、脳の神経回路が組み変わるまで悩み続ける必要があります。その場ではすぐに成果がでないので苦しい作業になりますが、翌日解けた時の爽快感は一度体験すると癖になります。そして、今まで難しいと思っていた問題が、「こんなに簡単だったの?」と思えるようになります。

この経験を積み上げていくと、「悩めば翌日には解決できる」という自信にもなります。そして、1カ月後にはかなりの思考力がつき、粘り強さ、忍耐強さも出てきます。そして驚くことに、話し方も変わってきます。「ちょっと頭のよい人たちの話し方」へと変化していきます。

難しい問題に出会った時、すぐに答えを見てしまったらこの貴重な経験はできません。すぐに先生に教えてもらっても同じことです。

数学の場合、わかりやすい解説をする授業がいいとは限りません。授業内容がわかりやすければわかりやすいほど、自分の頭を使う必要がなくなってしまうからです。

残念ながら、今の学校教育は正反対の方向へ向いています。小学校では、教えられていないことを答えると「習っていない」という理由だけで不正解になります。自分の考えで正解にたどり着いたとしても、教えたやり方と違うからという理由で不正解にされてしまいます。

これは、学校から生徒への「考えるな」というメッセージになります。こういう教育を受けた生徒さんは、考える力はどんどん衰えていきます。

「考え方を覚えさせる」という授業もよく行われています。一見すると、考える力がつきそうですが、他人の考え方を真似しているだけでは本当の意味での思考力はつきません。自分自身で悩んでいないので、脳の中の「考えるための回路」が発達しません。

考える力をつけるためには、「自分の実力より少しレベルの高い問題」に取り組んでひたすら悩むのが効率的です。考えれば考えるほど、「考えるための回路」が強化されていきます。

一般的な塾でやられているように、解き方を教えてもらってたくさん問題を解いた方が効率的に思うかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。他塾の生徒さんが解き方を教えてもらっている間に、私の塾の生徒さん達は自力で何問も先まで解いていきます。

当塾では、宿題をあまり出していないのにもかかわらず、他塾より演習量が多くなっています。一問一問をじっくり解くことで思考力、計算力がつき、短時間で多くのの問題を解くことができるようになるからです。

考える力・生きる力を育てるとは?

当塾では、「考える力・生きる力を育てる塾」をキャッチフレーズとして掲げています。その行きつく先にあるのが東京大学の入試問題。数学の受験対策として現在主流なのは解法パターンを覚えることですが、東大の入試問題はそうやって勉強してきた受験生には不利になるような出題がなされています。

本質を理解し、それを応用していく力をどうやって育てていくか。これは本当に難しい問題で、試行錯誤の毎日です。一般的な学習塾では解法パターンの習得が中心になりますが、このほうが生徒さんにも親御さんにも受けがよく、塾経営、講師の確保も比較的簡単です。映像授業で十分ということにもなります。

解法パターンの習得をさせないようにするということは、こちらから教えられることは非常に限られてきます。「考え方を教える」ということもパターン学習に含まれてしまいます。塾としてできることは、基本事項の確認、問題に取り組む姿勢を教えること、学習計画のアドバイスくらいしかありません。幸いにも、現在通塾していただいている生徒さん達はこのことをよく理解していただいています。

実は、「自分の力で解く」ということは難しいことではなく、パターン学習よりも簡単です。数学が苦手な生徒さんの多くは、無理やりパターン学習をしようとして失敗しただけなのです。最初はわからないと言っていた生徒さんも、自力で答えを導いた後は、「思ったより簡単だった」と言います。

この、「思ったより簡単だった」という経験を繰り返すことによって、難し問題にチャレンジする力、生きる力を育てていきます。

2019年私立高校合格者

浦和麗明 特進Ⅱ類 1名
国際学院 食物調理コース 1名
栄北 Ⅱ類 1名
正智深谷 Iコース 1名
西武文理 英語科 1名
農大三高 Ⅰコース 1名
横須賀学院 普通科一般コース 1名

合格おめでとうございます。